今仕事は大変ですか?忙しいですか?

 

体調が崩れるほどはさすがにやりすぎですが、新人の頃は忙しいくらいでちょうどいいかもしれません。その忙しさがきっとこの先に飛躍に繋がるはずです。

 

新人の頃はそもそもたいして仕事ができません。

 

先輩の半分の仕事を倍の時間をかけてなんとか片づけるのがやっとです。実際に結果を出す仕事以外にもやることが山ほどあります。

 

まず勉強しなければなりません。仕事の仕方・仕事の仕組み、会社のことお客さんのこと、覚えるべきこと、身に着けることは大量にあります。

 

また、コミュニケーションの時間も必要でしょう。自分を覚えてもらうためにちょっとした会話を積み重ねたり、飲み会に参加したり。

 

時間はもともと足りないんです。忙しくて当然です。下手にこの時期をゆるく乗り切ってしまうと、社会人としての基礎がスカスカになってしまいます。

 

私が新人の頃はそんなことは考えていませんでしたが、ただ追いつこうと必死でした。

 

何もできない、スキルのない私が生き残るには鍛錬しかない、そう実感させられる毎日だったので、がむしゃらに働きました。自分の仕事を終わってから先輩の仕事を手伝い、やれもしないのに手をあげて新しい仕事をさせてくださいと頼みこみました。

 

もちろん夜は遅く、休日も仕事や勉強にあてる毎日でした。

 

それが誰にとっても正しいとは思いませんが、そのおかげで社会人としての土台を早くしっかり作ることができたと思っています。

 

そんな無理ができるのも新人の頃だけです。30歳を過ぎてからは同じように働けません。一番大切な土台を作るというここぞというときに無理をしないでいつ無理をするんでしょう。

 

毎日仕事が忙しくて大変な新人のみなさん、きっと今の大変さは将来の糧になります。

 

今が多少きつくても、めいいっぱいやりきってください。手をあげて手を出してみてください。今なら失敗しても許されます。こんないい時期はないんです。これからは。

 

ただ、1つだけ。そうはいっても体調や精神を崩しては元も子もありません。本当の限界の1歩手前では立ち止まるようにしてください。