あなたの仕事は誰かから指示されたものですか?指示された仕事以外にあなたがやっている仕事はなんですか?

 

新人の頃に言われたことで今でも覚えていることがあります。新人研修が終わったばかり、議事録や会議資料準備が仕事の中心の頃です。

 

与えられた仕事はさっと終わってしまうことが多かったので、いつも先輩に「何か他に仕事はないですか」と聞いていました。

 

先輩はいつもじゃあこれも、あれもと追加で指示をくれていたのですが、1か月くらいたった後にこう言われました。

 

「仕事はそこらじゅうに無限にあるんだよ。それがわかるようになったらようやく新人卒業かな。」

 

先輩はその言葉について説明はしてくれませんでしたが、今になるとよくわかります。

 

例えば、議事録の作成を指示されたとしましょう。議事録を書いて先輩にレビューしてもらって関係者に配布するというところまでは指示の範囲内でしょうか。

 

それ以外に議事録の中のTODOに自分のできることがあるかもしれません。また、次の会議に向けて準備することがあるかもしれません。

 

頼まれてはいないけど、自分から提案できることがあるかもしれません。本当に探せばいくらでも、仕事はあるのです。それがわかるまでに結構な時間がかかりました。

 

ただし、自ら仕事を見つけてくるには知識がないといけません。

 

自分の仕事範囲だけでなく、同僚はどんな仕事をしているのか、先輩が今頭をひねらせている課題は何か、自分の部署はどんな責任を担っているのか、自分の会社はどういう方向に進んでいくつもりなのか、把握していないといけません。

 

また、自分の意志も必要です。こういう仕事をしたい、こういうことを実現したい。知識と意志があって初めて自分で仕事を見つけてこれるのです。

 

漫然と椅子に座って指示を待っているだけでは、アルバイトです。もしかしたらやる気のあるアルバイトのほうが仕事を見つけられるかもしれません。

 

また、「仕事ないですか」と聞くのもまだ半人前です。はやく自分で仕事を見つけて、むしろ楽しみながら「どれからやろうかな」と選ぶようになりましょう。